HPリニューアルしました。

運動(筋トレ)の重要性について

西鉄小郡駅近くのスポーツジム サークルフィットネスです!

運動は私たちが健康に生活するうえでとても大切ですね!

では、健康の為に筋力トレーニングをした方がいいというのはなぜでしょう??

それは単純に年を重ねるごとに筋肉が衰えて、弱くなってしまうからです!

人は思春期以降、筋肉や骨が成長して20歳前後で体格が定まっていきます。

筋トレや運動を続ければ別ですが、通常は20歳前後が筋肉量は最も多くなり、それ以降は年とともに筋肉は衰えて減っていきます。

個人差はありますが、一般的に30歳から年間で0.5%~0.7%の割合で、50歳を超えると衰え方に拍車がかかり年間で1.0%~2.0%ほどの割合で筋肉は減り続けると言われています!

単純に計算をすると、特に運動や筋トレをしなければ、20歳の時点の筋肉量を「100」とすると、80歳までに「50」程度まで減少します!

筋肉が半減してしまう上に、体重は重くなってたりすると歩いたり日常生活を行うだけでもしんどくなってきますね…。

これが一般的に「ロコモ」と言われるものです。

ご存知の方も多いかと思いますが、「ロコモ」とは「ロコモティブ・シンドローム」といい、日本語では「運動器症候群」といいます!

これは筋肉や骨、関節などの運動器の衰えにより、自由に立ったり歩いたりと移動する機能が低下した状態を指します。

症状の例を挙げると、

「片脚で靴下がはけない」

「2kg程度の買い物をして持って帰ることが難しい」

「15分程度連続で歩くことができない」などが挙げられます。

将来的に介護が必要になったりする原因の代表が運動器の障害であり、筋トレによって運動器を強化すればロコモを防ぎ健康的な生活を過ごせる期間が長くなります。

また最初にお話しした通り、何もしなければ筋肉は減っていくばかりです。そうすると消費カロリーも減少しますので、太りやすくなってしまい、中年太りの原因の一つとなると考えます。

「筋肉が少なくなる」 → 「消費カロリーが減る」 → 「食べる量は変わらない」 → 「太ってしまう」 → 「体が重くなって余計に動けない」 → 「さらに筋肉が少なくなる」  → (永遠ループ)

という悪循環になってしまいます…。

そこで筋力トレーニングを取り入れることで、この負のサイクルを崩すことが出来ます!!

健康的な生活を送るためにも筋トレで筋肉を鍛えておくことは大切なことです。

何歳から始めても筋トレを行う事で筋肉は成長します!(もちろん年齢によって成長ペースは違いますが…。)

筋トレを始めるのに年齢は関係ありませんし、遅いなんてことはありません!

また運動機能が衰えると身体だけでなく、精神も弱くなってくると思います。

筋トレで身体を強くしてあげることで精神の安定にも繋がると私は考えています!

ちょっとした隙間時間でトレーニングをする事で、この先何年か健康寿命が延びて自由に動いたり働いたりできる時間を増やすことができるのであれば、筋力トレーニングに時間を割くのは非常に効率的な時間の使い方ではないでしょうか??

最近では嬉しいことにダイエットやカッコいい身体作りなどを目指して筋力トレーニングに励む方も非常に多くなりました。

それだけでなく老若男女問わず様々な年代の方に、一生涯の健康の為にも運動や筋トレを実践していただきたいですね!

何かトレーニングや食事の不明点がありましたら、いつでもサークルフィットネスまでお気軽にお問合せ下さい!!

目次
閉じる